コンピュータやパソコン、スマートフォンを利用して仕事をすることが多くなっています。情報を入力したり、情報を抽出したりと色々な役割があります。自分のためだけに入力する場合であれば一生懸命入力も出来るのでしょうが、そうでない場合はこの業務がどのような意味を持つのかわからないことがあります。ただ入力しなさいと言われるだけで行うことがあります。SFAは営業の仕事を改善しようとして導入されるシステムです。この場合にはいかに営業担当者が情報を入力するかがポイントです。しかし経理システムなどのように利用者が明らかに業務が改善するのを把握出来るわけではありません。入力をして本当に業務が改善されているのかどうかがわかりにくいところがあります。そのために入力されないことがあります。入力されなければ効果が発揮されません。

SFAは入力ルールを統一する

顧客の社名などを管理するときはどのように入力しているでしょうか。きちんと入力しようとすると株式会社とつけます。前株、後株などがあります。これを少し省略しようとする人はカッコをつけて株のみで入力することがあります。こちらでも郵便物などは届けることができます。パソコンであればこれがひとつの文字、記号として登録されていることもあるのでこちらで入力することがあります。SFAにおいて何らかの登録をするときに重要なこととしては入力ルールを統一することです。特に必要なこととしては会社名であったり、業務内容の登録方法です。会社名においては株式会社をどのように入力するか、アルファベットやカタカナをどのようにするかなどを決めておかないとバラバラでは後で情報が使いにくくなります。せっかくのデータが無駄になるので統一するようにします。

SFAを導入するメリット

SFAを導入するメリットについて、考えてみます。これは、顧客情報や日報、そして商談履歴などを一元管理するシステムのことであります。いわば、営業をサポートするシステムであります。これを企業が導入するとどのようなメリットがあるのかといいますと、いくつか例を挙げます。1つ目は、企業内で勤務している営業スタッフ1人ごとのスケジュールを共有して、無駄な行動をしていないか確認ができるメリットが生まれます。それによって、業務の効率化を図ることができます。2つ目は、バラバラに管理されている名刺やエクセル、アドレス帳といった顧客の情報や商談履歴などの情報は、SFAを導入すれば一元管理化することができるため、こちらも業務の効率化を図ることができます。以上のように、企業はSFAを導入すれば業務効率化をアップさせることができます。

同じところに複数回別々の担当から電話をしてしまったことはありませんか。SFAならよくあるミスを予防できます。 高いお金を払って使いづらいSFAを使い続けていませんか。乗り換えるならネクストSFAが最適です。 せっかくの見込をつまらないミスで失ったことはありませんか。なんとなくの管理から適切な管理に変わります。 SFAで営業行動を管理するならネクストSFA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)