商品を販売するとき、まずはいい商品があることが必要です。そしてそれを顧客に教えていきます。顧客自身もその商品がいいと考えてくれば販売することができます。しかし気に入ってもらえなければ購入してもらうことはできません。この時販売することに集中しすぎて顧客の声が聞けなくなっている事があります。そうなるといくらいい商品があって顧客がいても販売が難しくなります。顧客の声を聞くためにSFAを導入することがあります。これまでは販売することを優先していたのが、顧客へのアンケートを優先したり、要望などを優先して聞くようにしそれをシステムに登録していきます。そうすると顧客の求めているものが見えてきます。全体的に求められているものから、個々の顧客が求めているものなどを知ることが出来るようになります。顧客に応じた営業が可能になります。

SFAはトップダウン組織で運用

会社においてはトップダウン組織があります。社長が中心になってその意向をどんどん下に伝える仕組みがあることです。社長一人で社員に伝えていこうとすると大変ですが、その下にきちんと伝わるような組織であれば末端にまで伝えることが可能になります。これが現場の意見などを聞いてほしい人がいるようなところだとなかなか伝わりにくいことがあります。少し考えが異なるだけでもうまく行きません。SFAをうまく運用する方法としてはトップダウンで運営されている組織とされています。このような組織は上層部が導入を決めればそれに対して社員が対応する組織です。文句を言わずにどんどん導入が進められます。なぜこれを使うのかなどについても意見をしてくるようなことはなく、上から言われたからと利用することだけに集中してくれます。ですから一気に使用が広まります。

SFAは初期費用がいくらから導入可能か

機械などのシステムを導入するときに気になるのが初期費用です。本体などの費用になります。実際に使っていこうとするとそれに加えてランニングコストがかかることになります。初期費用については使っても使わなくてもかかる費用です。利用価値があれば良いですがなければその費用がそのまま損になってしまいますから導入しようとするときには色々と考える必要が出てくるようです。SFAはコンピュータシステムになります。初期費用はどれくらいかかるかについては提供するベンダーによって差があります。全くかからないとする会社もあれば、一定の金額が必要なところもあります。現在は会社にインストールするタイプよりもクラウドタイプがありこの場合には初期費用がかからないタイプがあります。利用する人に合わせて費用がかかるようになっていて利用しやすくなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です