SFAはアメリカで開発された営業支援システムの略号ですが、正確に表記すると、SalesForceAutomation(セールス・フォース・オートメーション)ということになります。営業支援システムは、細かく細分化されており、その技術の多様化や分化もさかんです。SFA案件営業型営業支援システムは、新規顧客開拓を目的として、案件営業スタイル向けの機能を兼ね備えてる、充実したシステムです。長期間にわたって追いかける大型案件やプロジェクトを管理しながら、タイムリーで有効なアプローチを提案します。これらの支援システムですが、ぜんぶ、インターネット上のクラウドと呼ばれる部分から指令が飛ぶ仕組みです。クラウドとは英語で雲の意味ですが、つかみどころがないというので、IT技術にも導入された次第です。いま、クラウド技術を駆使したSFA案件営業型営業支援システムが熱い注目を浴びています。

SFA案件営業型営業支援システム、案件先行管理

SFA案件営業型営業支援システムは、近年、アメリカから導入されたIT技術のひとつです。複雑な現代におけるビジネス界をリードするためには、インターネットを駆使した、この支援システムが必須のものとなりつつあります。日本でも、その状況はまったくかわりません。SFA案件営業型営業支援システムは、実に様々な営業戦略要素から構成されています。中でも注目すべきは、案件先行管理(あんけんせんこうかんり)の技術です。こちらの技術では大型案件や、めぼしいプロジェクトにつき集中管理する仕組みとなっています。大型案件や大型プロジェクトでは、それを受注するまでに、相当長い年月を要するのが常識となっています。追いかけている案件ごとの進捗状況管理が欠かせないのですが、これが、なかなかむつかしいです。案件先行管理システムを使えば、どの案件が、いつごろ、いくらで受注できそうか、的確な判断が可能になります。

SFA案件営業型営業支援システム、名刺情報管理

米国生まれの革新的なビジネス支援システムがSFA案件営業型営業支援システムです。日本でそれが導入されたのは、つい最近のことです。ビジネス支援システムには様々な形態がありますが、中でもSFA案件営業型営業支援システムは、その最高峰に位置すべき存在です。案件営業型営業支援システムの中の、ひとつの素晴らしい機能が、顧客情報(企業情報)です。現代の営業戦略も昔と何ら変わりません。日本では、営業は、営業マンの足で稼ぐビジネスです。名刺情報管理がひとつの大切なビジネス管理要素となっています。案件営業型営業支援システムの名刺情報管理では、顧客情報を中心に整然と整理されますが、整理されるのは、住所などの基本情報だけでありません。コンピュータ技術を駆使して、顧客ランクや訪問周期を、過去のデータをもとに整理していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です